羊を数える以外に眠れそうな方法とは?

長年悩みのタネだった「休息できない!」からお別れできた理由とは・・・

満足して休める毎日を手に入れる秘密は「休息成分」にあった!!

「羊を数えたら眠れる」はウソ?!

 

夜に眠れなくなったら昔から「羊を数えたら眠れる」と言われていますよね。

 

しかし、小さい頃とは違って、「羊を数えても眠れない!」というのが現実ではないでしょうか?

 

何と言っても「5人に1人は睡眠障害」の現代ですから、睡眠に悩む人は意外と多いのです。

 

ここでは、睡眠に導くためのおすすめの方法を紹介します。

 

 

ぬるめのお風呂でリラックス!

 

睡眠障害にはぬるめのアロマ風呂やストレッチがおすすめ

道具も何もいらない、誰でもできる方法として「40度程度の少しぬるめのお風呂」につかると良いでしょう。

 

あなたの好きな香りの入浴剤やアロマオイルを使うと、さらにリラックス効果が期待できるのでおすすめです。

 

ちなみに、ラベンダーやローズマリーの香りは睡眠を促す効果があるので一押しです!

 

 

ストレッチ体操もおすすめ!

 

道具のいらない方法で次におすすめなのは「ストレッチ体操」です。

 

上手に深呼吸をすることで、強張っていた筋肉をほぐすこともできます。

 

筋肉をほぐすことで身体も自然にリラックスできるため、睡眠にも役立ちます。

 

 

太陽の光を浴びることも大切!

 

関係のないようで関係があるのが「日光」です。

 

人間の身体は、日光に当たることで入眠を促すホルモンが作られます。

 

その結果、適度な日光浴は睡眠を助けてくれることになるのです。

 

 

眠れない日が1日だけではなく数日も続いているという場合は、規則正しい生活を心がけることが大切です。

 

脳内の睡眠を誘導する「メラトニン」という成分の分泌を高めることができるので、良質な睡眠を得ることができます。