疲れすぎて逆に眠れないときはどうすればいい?

長年悩みのタネだった「休息できない!」からお別れできた理由とは・・・

満足して休める毎日を手に入れる秘密は「休息成分」にあった!!

疲れすぎていると逆にぜんぜん寝れない・・・どうすればいい?

 

疲れているときは「布団に入って眠りたい・・・」と思うのが当然です。

 

しかし疲れがピークに達すると、逆に眠れなくなってしまうのです。

 

 

疲れているのに眠れないのは脳や身体が興奮状態だから

 

疲れすぎて眠れない!原因と対処法は?

人の身体は不思議なことに、脳が活発に動いているときや身体が興奮しているときは、眠ることができなくなってしまうのです。

 

 

例えば、学生時代テスト前に猛勉強しているとします。

 

 

 

集中しているときは眠さなんて忘れてしまっているのに、少し手を止めてお茶でも飲んでしまうと、どうしたことかウトウトしてしまう・・・なんてこと経験したことありませんか?

 

または、走った後や筋トレなんかした後、身体は興奮しており、すぐに眠る体制に入るのは難しいでしょう。

 

 

「疲れすぎて眠れない!」という原因には、このような可能性があるのです。

 

 

仕事でも脳が興奮状態に

 

仕事が忙しくストレスが溜まっている状況の中では、不眠を訴える人は少なくありません。

 

逆に、仕事は大変だけど覚えるのが楽しいという時期や、上司の期待に添えるように頑張ろうと意気込んでいる場合でも、不眠になる場合があるのです。

 

これも、脳がハイの状態になってしまうことが原因で、睡眠を妨げてしまうのです。

 

 

疲れていて逆に眠れないときの対処法は?

 

疲れすぎていても眠れなくなってしまうと、本当に困りますよね。

 

しかし、その疲れた状態や興奮状態を抑えリラックスできる方法を生活の中に取り入れることで、安定した眠りを維持することができます。

 

 

アロマ、お香、音楽を聴く、ストレッチをする、あなた自身が一番落ち着く方法は何でしょうか?

 

これには個人差がありますので、気持ち良く睡眠に入れるような方法を探してみると良いでしょう。

 

 

当サイトではいろいろな対処法を紹介していますので、それらからヒントを得ることもおすすめします。