咳がひどくて眠れない!

長年悩みのタネだった「休息できない!」からお別れできた理由とは・・・

満足して休める毎日を手に入れる秘密は「休息成分」にあった!!

咳に悩まされていてなかなか寝付けない場合は?

 

「寒い時期になると咳が出るようになって、なかなか眠れない・・・」

 

そんな悩みを持っていませんか?

 

冬になると空気が乾燥したり、花粉が舞ったり、PM2.5の存在もあったりで、特にアレルギー体質の人は悩まされているのではないでしょうか?

 

昼間は落ち着いているのに、夜だけ咳が出るというパターンが多いのは、自律神経も関係しているようです。

 

 

「加湿」や「水分補給」でのどにうるおいを

 

咳がひどくて眠れない症状は加湿や水分補給で解決

咳がひどくて眠れないときの対処法は、第一に「加湿」です。

 

加湿器を使うのが一般的ですが、最近は水を入れて部屋に置くだけのインテリアとして可愛いアイテムもあります。

 

のどのうるおいを保つために加湿は絶対必要なことです。

 

 

また、それに加えて水分補給も忘れてはなりません。

 

水分は、冷やしたものよりも温かい飲み物をゆっくり飲むことがおすすめです。

 

また、はちみつやゆずなどの呼吸を楽にするものをお湯に溶かすと良いと昔から言われています。

 

 

マスクを着けてのどの乾燥を防ぐ

 

最近は、のどに優しいマスクも販売されています。

 

それには水分が含まれていて、喉の乾燥を防いでくれるのです。

 

寝るときだけでもこのようアイテムを利用すると、少しは咳が軽減できますよ。

 

 

寝る姿勢も意外と大切

 

咳が出て眠れないという場合は、寝る姿勢もポイントです。

 

一般的に、仰向けに寝るよりも横向きに寝る方が楽になります。

 

 

あまりにも酷い症状だったり長期にわたって咳が続いているという場合は、熱などの体調不調がなくても医療機関を受診してみてください。

 

いざという時は、お薬を処方してもらって安心して眠ることができます。