夜勤や交代制勤務で眠れないときの対策とは?

長年悩みのタネだった「休息できない!」からお別れできた理由とは・・・

満足して休める毎日を手に入れる秘密は「休息成分」にあった!!

眠れないのは夜勤や交代制勤務で不規則な生活だから?

 

看護師やトラックの運転手、介護士、24時間スーパーなど、最近では夜勤や交代制の職業が増えてきました。

 

そのため、眠る時間が不規則になってしまい、寝ないといけないのに眠れないという人も増えてきているのです。

 

 

交代制勤務は睡眠障害の原因に・・・

 

夜勤や交代制勤務で眠れない原因と対策

実際に、交代制の仕事に従事している人は、日勤だけの人に比べて「睡眠障害」を引き起こす可能性が極めて高くなってしまいます。

 

 

夜勤が終わって疲れているはずなのに眠れない・・・そんな人も少なくありません。

 

 

 

普段起きている時間に寝るのは、身体が慣れていないため、眠りにつくのに時間がかかってしまいます。

 

また、一般に日が昇って明るくなってしまうと、なかなか眠りにつけません。

 

 

夜勤の仕事がある場合、しっかり寝ないと翌日の仕事に支障をきたしてしまいます。

 

通勤の際の運転なども心配です。

 

 

快適な睡眠を得るためには?

 

夜勤から帰り、しっかり眠れるような環境を整えることが、睡眠の質を高めるポイントになります。

 

睡眠に適した環境とは、まず日中でも室内を暗くすることです。

 

そのため、遮光カーテンを利用することや、雨戸を閉めるなどして部屋を暗くしてしまいます。

 

 

また、温度や湿度を調整して快適な空間を作ることをおすすめします。

 

他にも、睡眠に適したアロマオイルを使用することや、あなたの好きな香りの芳香剤を置くなどして、リラックスできるような空間を作り上げることも効果が期待できます。

 

 

それでもどうしても眠れない場合は、医師に相談して睡眠を誘導するための薬を処方してもらうことも、1つの方法としては良いのかもしれません。