眠れないのは何かの病気のせい?

長年悩みのタネだった「休息できない!」からお別れできた理由とは・・・

満足して休める毎日を手に入れる秘密は「休息成分」にあった!!

夜眠れないのは何かの病気が原因?

 

「眠れないだけ」でまさか何かの病気が関係しているとは、ほとんどの人は思ってもみないでしょう。

 

しかし、意外と知られていないのが、「眠れない」のは病気が関係していることも少なくないことです。

 

 

交代制の仕事をしている人は「睡眠障害」になりやすい

 

眠れないのは何かの病気のせい?

交代制の仕事をしていて夜勤がある人や、勤務体制が不規則な人にありがちなのは「睡眠障害」です。

 

  • 布団に入っているのにも関わらず眠りにつくことができない「入眠障害」
  •  

  • 寝ていても途中で何回も起きてしまう「中途覚醒」
  •  

  • 寝ても起きたい時間よりも早く目覚めてしまう「早期覚醒」

 

これらは、睡眠障害の特徴的なものです。

 

 

「統合失調症」や「うつ病」の初期症状かも・・・

 

眠れないという症状が、「統合失調症」「うつ病」の初期症状であるということも知られています。

 

多くの病気の初期症状に睡眠障害を伴っていることは多いのです。

 

原因もわからず何日も眠れないという症状が続いているのであれば、心療内科や精神科病院に相談することをおすすめします。

 

 

睡眠は人間にとってとても大切な要素

 

たかが睡眠と思われるかもしれません。

 

しかし睡眠は、人間の身体に必要なものであり、そのサイクルが乱れることでさまざまなリスクを引き起こします。

 

 

例えば、注意力が散漫になってしまったり、活気がなくなってしまったり、気分が落ち込みやすくなることもあります。

 

それによる生活不活発状態や事故などにもつながってしまいます。

 

 

仕事や家庭、プライベートを楽しく過ごすためには、しっかりとした睡眠を取ることが大切です。

 

眠れないことに悩んだときは、まずは原因を考えて対策を行ってください。

 

それでも解決できない場合は、お医者さんに判断してもらいましょう。

 

どんな病気でも、早期に治療することが良い予後につながります。