空腹でなかなか眠れないときはどうする?

長年悩みのタネだった「休息できない!」からお別れできた理由とは・・・

満足して休める毎日を手に入れる秘密は「休息成分」にあった!!

空腹で深夜起きてしまう・・・そんなときは?

 

夜、布団に入ってからお腹が「グーグー」音を立てて眠れない、という経験をしたことはありますか?

 

年に数回たまにあるという場合には、適当な物を食べてしっかり寝ても得に問題はないでしょう。

 

しかし、お腹が空いて寝付けないことが頻繁にあってその度に食べて寝る・・・という生活は健康的に良くありません。

 

 

ダイエット中は寝るときに空腹になりやすいけど・・・

 

空腹で夜眠れないときはどうすればいい?

体型に敏感だったりダイエット中の場合には、特に深夜の空腹は深刻な問題です。

 

 

そもそも空腹になる原因は何でしょうか?

 

夕食の時間が早すぎることや、夕食の量が少ないこと、腹もちが悪いものを食べているなどが考えられます。

 

頻繁にお腹が空いて眠れないということがあるのであれば、夕食を見直してみると良いでしょう。

 

 

どうしても我慢できないときには?

 

どうしても、深夜に空腹で眠れないというときには、身体を冷やさない温かい飲み物を飲むことや、おかゆや雑炊という消化の良いものを食べることをおすすめします。

 

簡単にできる香辛料たっぷりのラーメンなんて食べてしまうと、脳が覚醒してしまい、逆に眠れなくなってしまうので注意が必要です。

 

 

それでも食べたくないときは?

 

深夜にどうしても食べ物を食べたくないのであれば、睡眠に良いと言われるツボを押してみたり、歯磨きをしてみたり、足湯をするなど、睡眠の効果を誘導する方法で乗り切りましょう。

 

他にも、空腹を意識しないために意識を他に向ける方法があれば、ぜひ実践することをおすすめします。

 

たとえば、読書や音楽などがおすすめですが、携帯小説やゲームは余計に眠れなくなってしまうので気をつけましょう。