寒くてなかなか寝付けないときどうする?

長年悩みのタネだった「休息できない!」からお別れできた理由とは・・・

満足して休める毎日を手に入れる秘密は「休息成分」にあった!!

冷え性などで寒くて眠れないときはどうすればいい?

 

冬になると寒くて眠れないという人は少なくありません。

 

特に、最近の若い女性には「冷え症」の人が増えています。

 

また、寒い地域や環境によっても睡眠の質が左右されてしまいます。

 

 

寒さを感じずに快適に眠るためには?

 

寒気や冷え性で寝れない場合の対処法は?

寒いことが原因で眠れないというあなたには、次のような対策をおすすめします。

 

それは、寝具の調整、衣類の調整もそうですが、寝室の温度と湿度を調整することです。

 

 

ただ寝室に暖房を入れると、湿度が下がってしまい空気が乾燥してしまいます。

 

 

空気が乾燥すると、皮膚や喉の粘膜が乾燥状態になり、無意識のうちに体が脱水を引き起こしてしまいます。

 

そうなると、喉の痛みや乾燥による皮膚の痒みで睡眠の質を妨げてしまう原因にもなりかねません。

 

 

ですから、乾燥対策として同時に加湿器を置くなどの工夫が大切になってくるのです。

 

 

湯たんぽや温かい飲み物も効果的

 

寒くて寝れないときには、湯たんぽを足元に置いたり、温かい飲み物を飲んで体を温めることで、睡眠を誘導することができます。

 

大根やショウガは、体を芯から温めることができる他、免疫力も高めることができます。

 

そして何よりも、普段から栄養のある食事を摂取して冷えを予防することが大切です。

 

 

他にも、日中に日光浴をしたり、適度に運動をしたりして代謝を高めるようなことを取り入れていくことで、眠れない体を改善していく習慣をつけることをおすすめします。

 

 

「不眠」は一時的な問題なら良いのかもしれません。

 

しかし慢性的に眠れない状態が続くと、社会生活での支障も懸念されるので、できるだけ早めの対策が必要です。

 

普段の生活でできることを1つずつ取り入れていき、健康的な体作りと、良い睡眠を取れるように心掛けましょう。