生理前になると寝付きが悪くなるのはなぜ?

長年悩みのタネだった「休息できない!」からお別れできた理由とは・・・

満足して休める毎日を手に入れる秘密は「休息成分」にあった!!

生理前になると眠れなくなるのは異常?!

 

生理前になると眠たくなるという女性が多い中、反対に眠れなくなる人も少なくありません。

 

最近は、「生理前症候群」というものに悩まされている女性が増えているということで、テレビでも紹介されるようになりました。

 

 

生理前に眠れなくなる原因とは?

 

生理前に眠れないのは生理前症候群だから?

生理前になると眠れないのは、生理前症候群の症状の1つです。

 

眠たいという感覚があっても眠れないと、イライラしてしまいますよね。

 

 

その根本的な原因は、「ホルモンバランスの変化」です。

 

生理前になると、女性の身体には変化が生じます。

 

ホルモンバランスの変化により眠くなったり、逆に眠れなくなったり、イライラしたり、不安定な感情に襲われてしまうのです。

 

 

寝付きを良くするためには?

 

対策として必要なことは、「バランスの良い食事=バランスの良い栄養を摂ること」です。

 

そうすることで、ホルモンバランスを保つ手助けをするわけです。

 

ただはたらく女性にとっては、1日3食すべての食事のバランスを考えている時間はないので、サプリメントを利用すると良いでしょう。

 

 

一般的なリラックス方法も効果的

 

お風呂上がりは身体が温まり血流が良くなることから、寝る直前の入浴は避けることも一つの方法です。

 

また、カフェインやカプサイシンなどを多く摂取しないことも、不眠の対策として効果を期待できます。

 

 

安心してリラックスできるような環境を作ることが大切です。

 

たとえば、ゆっくりアロマを楽しんだり、好きなアーティストの音楽を聴いたり、温かい飲み物を飲んだりして過ごすことがおすすめです。

 

 

女性のホルモン分泌は、日頃のストレスでも大きく変化します。

 

ですから、ストレスを抱えない生活を心がけるとともに、症状が酷くなるのであれば、産婦人科で相談することも必要です。